元of1ゲーム情報

1ゲーム情報

未分類

週間Steam通信#174(2020年2月8日~2月14日)

投稿日:


この記事は私がまとめました

・スクエニ新作『Outriders』トレイラー公開

『Outriders』は、最大3人Co-op対応の三人称視点シューター。ストーリーテリングに力を入れたダークなSF世界、People Can Flyの強みであるガンプレイ、そして強力な武器の数々とともに長時間遊べるRPG要素を組み合わせた作品

海外メディアGame Informerによる独占報道告知トレイラーにより、本作が三人称視点の「ルートシューター」であることが分かっている。『ディビジョン』や『Anthem』と同系列のアクションRPGだと考えられるだろう。

・スクエニもう一つ「Marvel's Avengers」

Marvel's Avengers (アベンジャーズ)は、アベンジャーズの完全オリジナルストーリーを通して、唯一無二のゲーム体験ができるシネマティックな三人称アクションアドベンチャーゲームです。本作はシングルプレイに加え、Co-opプレイでは最大4人でチームを編成することができます。さらにヒーローを自分のプレイスタイルに合わせて自由にカスタマイズすることが可能

・キター「Satisfactory」時限配信終了へ

Coffee Stain Studiosは、同社が開発中の一人称視点のオープンワールド工場建設シム『Satisfactory』の3つめのアップデートの予告動画を公開し、その動画内でSteamでのリリースが近日中に行われることを発表

「UPDATE III」では、新たに「パイプ」が追加。従来のベルトコンベアより自由度が高く、複雑に張り巡らせることができるとのことです。これにともなって、「ポンプ」や各種の「液体」も追加されているほか、「A.W.E.S.O.M.E.」ボーナスプログラムと呼ばれるリサイクルシステムも登場

・『勇者死す。again』2月26日に発売

『勇者死す。again』は、2007年にケータイアプリとして配信が始まり、2016年にPS Vita向けとしてリメイク版が発売された『勇者死す。』のリマスター版。魔王討伐後、勇者が衰弱死するまでの5日間を描いたマルチシナリオRPG

5日間が終わり、勇者が死した6日目には、葬儀が行われる。勇者の過ごした5日間によって、葬儀の規模や参列者、ヒロインたちによる弔辞が変化。勇者の影響によるその後の世界の経過も、後日談として描かれる。残された短い時間の中で、どのようなエピローグを過ごすのか。魔王と勇者亡き後の世界は、どうなっていくのか。RPGのその後を描いたことが本作の特徴の一つと言える

・どうぶつの森似のゲームと海外で話題に

本作は非常にほのぼのとしたコミュニティーシミュレーションゲームであり、農業や釣り、昆虫採集などの他、家具や衣類をデザインして新たな居住者を迎え入れることもできる

ゲーム内には曜日と時間の概念が存在しており、現実の時間と同期しているようだ。時間にあわせてどんなことをするのか考えてみるのもよさそうだ。
コンセプトからデザインまで何かと『どうぶつの森』に類似している。頭身からどうぶつの雰囲気まで、そのまま。海外メディアKotakuは同作を「恥知らずの『どうぶつの森』クローンがPCで発売される」とばっさり。『Hokko Life』発表トレイラーには、高評価を上回る低評価が集まっており、コメント欄は閉じられている。

・注目バトロワ「シャドウアリーナ」Cベータ2月27日より

昨年、韓国G-Starで行われた発表会「Pearl Abyss Connect 2019」を通じて、全世界に初お披露目となった『シャドウアリーナ』
40名のユーザーが競争し、最後の1人を目指す近接戦型の「アクションバトルロワイヤル」で、2020年上半期にPC向けにリリース予定

・シム系好きにはたまらない?「Endzone - A World Apart」

「Endzone - A World Apart」は,テロリストによる世界中の原子力発電所爆撃により環境が悪化した2021年以降,150年にわたって地下で生活していた人々が再び地上に出てきたことから始まる。
 人間社会を存続するためのコロニーの建築を行っていく人々は,汚染雨や砂嵐による放射能の拡散をしのぎながら,偵察隊をコロニーの外に送り込んで必要物資を集めるといったミッションをこなしていく。やがては太陽光発電を行って電力を供給するなど,徐々に文明を再構築していく

・『UEDI: Shadow of the Citadel』2021年配信予定

-未分類

Copyright© 1ゲーム情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.