元of1ゲーム情報

1ゲーム情報

未分類

週間Steam通信#131(2019年4月13日~4月19日)

投稿日:


この記事は私がまとめました

・OCTOPATH TRAVELER™が6月8日Steam配信決定

Nintendo Switch用ソフト2018年に発売され好評を博したスクウェア・エニックスのRPG『OCTOPATH TRAVELER』(オクトパストラベラー)。本作のSteam(PC)版が2019年6月8日(土)にリリースされることが発表されました。

8人の魅力的な主人公と、ひとりひとりの個性的な技能による自由度の高い冒険、温かみのあるドット絵に立体的な3Dグラフィックや美麗なエフェクトを組み合わせた独自のグラフィック表現「HD-2D」などが高く評価された『OCTOPATH TRAVELER』。

ピクセルアートをベースにしながらも、奥行きと立体感のある世界を旅する。戦闘については、コマンドバトルを採用。ターン制のコマンド戦闘をベースにしつつ、ブレイクやコマンドブーストなどを導入し戦闘に深みをもたらす。

Steam版については、ゲーム内容は変化ないようで、Steamトレーディングカードや実績などが実装されている。しいていうなら、実績が追加要素といえるかもしれない。先日中国語(繁体字・簡体字)のサポートを発表しており、もちろん同言語も中国ユーザーの多いSteam版には含まれている。

・『ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~』5月21日発売

同作は、『アトリエ』シリーズの中でも、“アーランドシリーズ”として展開されていた作品の8年ぶりとなる新作。PS4/ニンテンドースイッチでは2019年3月20日に先行して発売されています。今作でもキャラクターデザインにはイラストレーターの岸田メル氏を採用し、“アーランドシリーズ”初代作品の主人公“ロロナ”の娘“ルルア”を新たな主人公に、同世界観で新しい冒険が展開します。

海外向けには以前よりSteam版が発表されていましたが、日本向けの対応は明らかにされていなかったため、今回の発表には嬉しいユーザーも居るところではないのでしょうか。

・「GOD WARS 日本神話大戦」が6月配信決定

「GOD WARS」は、古代日本の若きリーダーたちの葛藤と成長を描くタクティクスRPG。「日本最古の歴史書である古事記」と、「古来、人々が親しんできたお伽話」を融合させた世界を舞台に、その人生を煌めかせた英雄たちの群像劇が紡がれる。

Steam版では、マウス・キーボードでの操作や、今回新設された編成画面にてキャラクターの並びを入れ替える「隊列」機能、キャラクターをマップに自動配置する機能が新たに追加されている。

・同じく6月『Muse Dash』が新キャラを引っさげて登場

昨年(2018年)スマートフォン版がリリースされるや大人気を博したX.D. Networkの『Muse Dash』が、2019年6月中旬に、Nintendo SwitchとPC(Steam)でも配信されることになった!

音ゲーとランアクションが融合した意欲作。かわいい女の子が登場することでも魅力だが、Nintendo Switch版とPC版には新キャラクターも登場するらしい。

X.D. Networkによれば,PC版の運営方針はモバイル版のそれと同様で,ソフト本体と追加の楽曲パックで展開する形になるという。リリース後に期間限定セールを行うとのことなので,この点にも注目

・『Death end re;Quest(デス エンド リクエスト)』が5月17日に配信決定

アイデアファクトリーとコンパイルハートは、サスペンスホラーRPG『Death end re;Quest(デス エンド リクエスト)』のPC版をSteamにて日本時間5月17日に発売することを発表

“ゲーム”と“現実”という二つの視点から,バグに侵されたゲーム世界を攻略しつつ,その謎を解明していくサスペンスホラーRPG

バトルはコマンド選択型のターン制。リスクを伴うチート強化「グリッジスタイル」、主人公のプログラミング能力により、バトルに介入し、その場を支配する「バトルジャック」、ゲームをジャンルごと改変して格闘やシューティングで戦う「インストールジャンル」など、バグに侵食された「ゲーム」の世界ならではのトリッキーなバトルシステムが用意されています。

・同じく5月『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』配信

-未分類

Copyright© 1ゲーム情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.