元of1ゲーム情報

1ゲーム情報

未分類

Steamのライバル出現?!…β版「Discord Store」が日本で提供開始

投稿日:


この記事は私がまとめました

・まずは知っておきたい「Discord」とは?

加えて、最大同時接続数は約820万人であること、先月(4月)のメッセージ送信総数はなんと約150億通にもなることが明かされています。

・そして「Discord Store」β版のサービスが開始された

ゲーマー向けチャットサービスの米Discordは10月16日(現地時間)、8月にカナダで立ち上げたゲームストア「Discord Store」(β)の提供地域を拡大したと発表

良いゲームをキュレートすることを掲げており、『Dead Cells』や『Celeste』といったSteamなどで高い評価を獲得したゲームが中心に並んでいる。

・「Discord Store」の特徴

特徴として、特定タイトルのPC版に関する90日間の独占先行配信があげられる。現在先行配信ゲームとして発表されているタイトルは以下のとおり。

『Last Year: The Nightmare』『King of the Hat』『Sinner: Sacrifice for Redemption』『At Sundown』『Bad North』『Mad Machines』『Minion Masters』の計7作が提供されるということ

ちなみに、「First on Discord」に関係しないDiscordストアの初期タイトルとしては『Dead Cells』『Frostpunk』『Into the Breach』『Pillars of Eternity II: Deadfire』『Hollow Knight』などが用意されています。

インターフェースの特徴としては、ゲームのストア説明のほかに、目立つ部分にMetacriticスコアの記載があり、一部ゲームはDiscordスタッフによる推薦文が掲載されている(もしくはMetacriticレビューの抜粋)など、よりゲームの魅力が伝わるようなデザインを特徴としている。

・もう一つの「Discord Store」の特徴

Discord Storeの特色として、Discordスタッフによる特選ゲームの紹介や、Nitro(有料プラン)ユーザーは対象ゲームが遊び放題となる、サブスクリプションがある。

有料会員サービス「Nitro」(月額9.99ドル)会員であれば、一部の有料ゲームを無料でプレイできる他、Nitro限定のゲームもある。

ゲームのサブスクリプションが不要なユーザーはNitro Classicを選択することで今まで通りの使い勝手を保てる。

支払い方法についてはクレジットカードのほかPaypalに対応。Steamなどでも利用可能なPaypalがあるのは、嬉しいユーザーも多いかもしれません。

・PCゲームダウンロード販売では先行しているSteam

「SteamOS」「Steam Machine」と,PCゲームの概念そのものさえ揺るがしかねない発表を次々に繰り出してくる北米のゲームメーカー,Valve。

その中心にあるのが,2003年9月に正式サービスを開始したデジタル配信システム「Steam」だ。

2017年現在、総合的な数では70,000以上のコンテンツが取り扱われている。

サービスを利用するにあたって専用のSteamクライアントソフトをダウンロードする必要がある。

・実はSteamとDiscordの新機能は連携できる

-未分類

Copyright© 1ゲーム情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.